大阪の探偵興信所からのお約束

  • 0120-258-966
営業時間 09:00-23:00
探偵メニュー
大阪の探偵へ電話で問い合わせる
A-クラス総合調査事務所とお客様とのお約束

1.違法な目的の調査はお受けできません

平成19年に施行された「探偵業の業務の適正化に関する法律」の第7条(書面の交付を受ける義務)に基づき、探偵側は依頼者様の「利用目的」が違法でないかを確認しなければならなくなりました。
例えば、「いつも行く居酒屋のおねえちゃんが気に入っちゃたんで、その子の自宅と彼氏が居ないか知りたい」というような目的では調査をお受けする事はできません。
また、その他

などの目的で調査依頼をされた場合、探偵側は調査を受任してはいけません。
また、調査に入ってから、そのような事が判明した場合も調査を続行してはいけません。
未だに多いのが「息子の結婚相手が同和出身者かどうか知りたい」という内容の調査です。
当社では、法律の施行前より、このような差別につながるような調査をお断りさせて頂いております。

違法な調査はお断りします

2.探偵業の業務の適正化に関する法律を尊守します

繰り返しになりますが、当社では「探偵業の業務の適正化に関する法律」を尊守致します。

上記の項目は法律内で義務付けられておりますので、そのような説明や書類の交付が無い業者は探偵業法違反となります。
また、当社では探偵業法の他にも、関連する各種法律を尊守すると共に、法に触れない範囲内での調査結果の収集を心掛けております。

初めてのお客様にも丁寧にご説明いたします

3.納得いくまで調査費用、調査について説明を致します

当社では、契約書を作成して「後は弊社に任せておいてください」では終わりません。
料金の明確な料金の提示はもちろん、追加料金の有無、「このような調査を行なった場合○○円掛かります」と明確にお答え致します。

また、ご相談時やご契約時には依頼者様の疑問や不安に思っている事に対し、ご納得頂けるまでご説明いたします。
ご納得のいかれないまま契約してしまうと、後からトラブルに発展する場合もございますので、弊社ではご相談の段階から丁寧なご説明を心掛けております。

新たな調査方法の考案、最新の調査機材の導入

4.調査力の向上及び新たな調査方針の考案

探偵の調査では「一つとして同じ調査は存在しない」と言われています。
たとえ同じ対象者を尾行しても、日によって行動は違うものです。

現在の調査力に満足せず、日々調査の質の向上、スタッフの教育はもちろん、失敗に終わった調査に関してはその教訓を生かす為、担当者全員による反省を行い新たな調査方法の考案を致します。

調査機材に関しては、いつまでも旧態依然の調査方法にこだわらず、日々新製品の研究を行い、有益な物は例え他業種の機材であろうが改良を加え、調査に導入していきます。
なぜなら、技術の進歩は目覚しく、たとえ10年前は業界屈指の調査力を持っていても、調査力や新たな調査方法の考案を怠った結果、衰退していった探偵興信所もあるからです。

別れさせ屋の禁止

5.別れさせ工作やそれに順ずる業務を請け負いません

各調査協会、団体にて禁止されている「別れさせ屋」などの非人道的な工作業務、その他違法な工作行為については一切の依頼をお断りさせて頂いております。

このようなお金で人の気持ちを操作するような行為は、これまで数々の事件を生み出し、記憶に新しい「別れさせ屋 殺人事件」まで発生させました。
これは「対象者が殺される」という最悪の結末を迎え、警察により取締りを加速させました。

当社では「別れさせ工作は探偵の業務では無い」というポリシーを創業時から貫き、このような非人道的な依頼は一切請け負っておりません。

お電話いただければ、その不安や疑問にお答えいたします

もちろん、すぐにご面談の日取りや来社予約を決めていただく必要はありません。
お電話でのお見積りにも承ります。

Free:0120258966お問い合わせフォーム