自宅の盗聴器発見調査|大阪の調査会社

  • 0120-258-966
営業時間 09:00-23:00
探偵メニュー
大阪の探偵へ電話で問い合わせる
自宅での会話が盗聴されている気がする

盗聴器発見調査

皆さんは「盗聴」「盗撮」に対して、どんなイメージをお持ちでしょうか?

と思っている方々は少し考えを改めてもらった方がいいかもしれません。

残念ながら、

現在年間40万台の盗聴器・盗撮器が販売されていると言われています。

すごい数だと思いませんか?
有名な電気街、東京の「秋葉原」や大阪の「日本橋でんでんタウン」に行けば、盗聴器は堂々と販売されていますし、何の規制も無く、あなたにだって盗聴器・盗撮カメラが普通に買えてしまうんです。
しかも、そこまで高くはありません。

そもそも、40万台の盗聴器が全て企業の情報収集なんかで使われると思います?
実は、盗聴器の半分近くは個人が「趣味」や「個人間の情報収集」のために購入していると言われています。
少しは危機感を持っていただけたでしょうか。

こんな事ありませんか?

インターネットの登場により、パソコンに対するセキュリティには気を使っている企業を多いですが、こういった昔ながらの盗聴という情報漏洩に対する危機管理は目に見えない部分もありますので、まだまだ危機感が少ないように感じます。

「大丈夫ですか?あなたのご自宅は」

盗聴器

盗聴器の種類

電池式 盗聴器

電池式故に「どこにでも」設置する事ができる万能盗聴器。
電池式の為、「短期決戦」か「自由に出入りできる人間」が設置する事が多い盗聴器。
もっとも普及しているタイプ。

偽装型 盗聴器

室内のあらゆる「物」に偽装した盗聴器。
多いのは「延長コード」や「電化製品」に偽装されたタイプ。
最近では「USBメモリー」や「スマホの充電器」に内蔵されている事も。

固定電話用 盗聴器

文字通り、電話回線上に仕掛けるタイプの盗聴器。
電話回線である為、屋内外を問わず設置可能。
取り付けがいい加減だと、通話中に雑音が入ることも。

携帯電話による盗聴

携帯電話に高性能マイクを取り付け自動着信機能を使う事により、一般的に1kmが電波到達距離の限界と言われる盗聴可能距離が日本全国どころか世界中どこからでも可能に。
格安SIMの登場により、維持費も安く盗聴器を作る事が可能。

どうでしょうか?

盗聴器というと豆粒みたいな物を想像されていた方も居られると思いますが、電池式の場合はせいぜいライター程の大きさです。

盗聴器というものを理解できれば、おのずと設置場所も想像できるのではないでしょうか?

理想的な盗聴器の設置場所は「限りなく電力が供給される」か「必要な情報(会話)が拾えそうな場所」になります。
だって、押し入れやトイレも設置しても、なかなか情報は得られませんからね…

そもそも、トイレや更衣室に盗聴器が仕替えられていた場合は、情報よりもまた違った目的になりますからね。

もしご自身で盗聴器を探せないと思ったならご相談ください。

お電話いただければ、その不安や疑問にお答えいたします

もちろん、すぐにご面談の日取りや来社予約を決めていただく必要はありません。
お電話でのお見積りにも承ります。

Free:0120258966お問い合わせフォーム