ストーカー対策 事例
素行調査などの法人向け調査 浮気調査などの個人向け調査

~素行調査のご相談は大阪-近畿無料~

探偵 調査の相談・お見積もりは完全無料
大阪探偵 関連サイト

ストーカー調査 事例

依頼者:20代 女性

被疑者:元夫20代 会社員・マンション住人・その他

調査目的:
依頼者様は1年前に離婚したが、離婚直後から元夫に復縁を迫られていた。
自宅の方にも週に1度程度訪ねてきては、復縁を迫り、あまりにしつこいので半年前に引越し。
最近になり、よく週末に自転車をパンクをさせられたり、郵便ポストにゴミやガムを入れられる被害に遭うようになった。
また、一度だけゴミの日にゴミを捨て、出勤前に集積場所の前を通ると、明らかに自分の出したゴミ袋が破かれ、ゴミが散乱していたの目撃した。
犯行が元夫の仕業か、またはマンションの住人などの全く関係の人物なのか知りたいとの事。
尚、元夫が引っ越し先を知っているかどうかは不明。

調査結果

1週目
23時~翌6時まで調査を行なうが、不審な人物は現れず。
被害も無し。

2週目
火曜日の深夜2時、駐輪場に帽子を被った男が現れ、依頼者様の自転車に何かをしているのを調査員が確認する。
撮影角度により犯行を行っている詳細な映像とはならなかったが、調査員が同男性に声と掛けると依頼者様の元夫であることが判明。
また、依頼者様の自転車を確認すると、後輪がパンクさせられており、その事を元夫に問い詰めると犯行を自白した。
そのまま警察に通報し、その場で逮捕となる。

その後、ストーカー犯は起訴猶予で釈放されたそうですが、警察よりストーカー規正法により警察から「警告」が行なわれました。
また「警告」されて以降もストーカー行為を行なった場合には「禁止命令」→「逮捕」となり「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」などに処せられることになります。

ストーカー調査に掛かった費用

証拠収集 基本プラン 200,000円(調査員2名 調査時間2日間14時間)
諸経費 込み (特殊機材使用料・報告書作成費・映像編集費等)
延長料金 無し (契約時間内に調査終了)
追加請求分 無し
合計 200,000円(税込み)