盗聴器調査 事例
浮気調査などの個人向け調査 素行調査などの法人向け調査

~素行調査のご相談は大阪-近畿無料~

探偵 調査の相談・お見積もりは完全無料
大阪探偵 関連サイト

盗聴器調査(ワンルームマンション) 事例

依頼者:20代 女性 会社員


調査目的:
以前、合コンに行った事が彼にバレて、大喧嘩になった。
一緒に行った友人の中には、彼と仲の良い子も居たが、かなり強く口止めしておいたのに知られるはずが無いと不振に感じていた。
友人が裏切った可能性は低いので、自分で一通り盗聴器が部屋に仕掛けられていないか、市販の盗聴発見器で調べてみたら所、部屋中から盗聴器の存在を知らせるアラームが鳴り、不安になり調査依頼。

調査結果

調査の結果、依頼者宅から延長コード型の盗聴器が発見された。
依頼者様が言うには、その延長コードは引越ししてきた時に彼が買ってきてくれた物であった。

とりあえず、すぐ依頼者様が彼に電話をして問い詰めて、あっさり自供。
その日の晩に話し合いをする事になり、その後どうなったか連絡は無い。

昔から交際相手に違う男性の影があるのか確認する等、ねじれた恋愛感情から交際相手の部屋に盗聴器を仕掛けたりする案件はよくありました。
最近では、盗聴器が誰にでも購入できる物になっており、更に盗聴に対する注意が必要です。

盗聴器調査に掛かった費用

盗聴器調査 35,000円 (ワンルームマンション 広さ23㎡)
諸経費 込み (交通費・機材使用料・報告書作成費等)
延長料金 無し
追加請求分 無し
合計 35,000円 (税込み)