盗聴器調査 事例
浮気調査などの個人向け調査 素行調査などの法人向け調査

~素行調査のご相談は大阪-近畿無料~

探偵 調査の相談・お見積もりは完全無料
大阪探偵 関連サイト

盗聴器調査 事例

依頼者:50代 製造業を営む男性


調査目的:
最近、どうも新製品の情報が他社に漏れている形跡があり、調査依頼。
また、会議中によく大便に行く社員も確認しており、もしかしたら会議中の会話を聞いているかもしれないと言う。
また、その社員と仲の良かった社員が3ヶ月前に退職しており、その退職した社員も絡んでいるのではないかと不安視しているとの事である。

調査結果

怪しい社員に知られたくない為、全社員が帰った後に調査を実施。
調査した結果、社長室に盗聴器は無かったが、会議室のコンセントから無線式の盗聴器を発見。

社長は同状況により、指紋鑑定と社員の素行調査をを提案。
社員の素行調査を5日間行なった結果、退社後に元社員と怪しい社員が2日間密会している事を確認。

また後日、全社員の指紋を採取し、盗聴器に付着していた指紋と鑑定。
案の定、怪しいと思われていた社員のものと一致。

現在、収集した証拠を元に訴訟中である。

盗聴器調査に掛かった費用

盗聴器調査 80,000円 (自社ビル内の会議室と社長室)
諸経費 込み (交通費・機材使用料・報告書作成費等)
延長料金 無し
追加請求分 330,000円
 指紋鑑定(社員の20名分と盗聴器の指紋との照合)
400,000円
 素行調査(5日間 25時間)
合計 810,000円 (税込み)