不貞の証拠と慰謝料請求について
素行調査などの法人向け調査 浮気調査などの個人向け調査

~素行調査のご相談は大阪-近畿無料~

探偵 調査の相談・お見積もりは完全無料
大阪探偵 関連サイト

慰謝料請求の為には「浮気の証拠」「不貞行為の証拠」が必要

妻:「離婚よ!浮気してたんだから慰謝料払ってもらうわよ!」

夫:「はい、わかりました・・・」

という風に、当事者間で話し合いが済めばいいですが、離婚・慰謝料の問題は、そう簡単ではありません。
それに「私は○田 ○子さんと3年前から浮気していました、ごめんなさい」と素直に認める方はほとんどいないと思いますし、多くの方が浮気の疑惑を持ちながらも、曖昧な離婚理由で離婚している事に驚かされます。

できる事なら誰でも慰謝料なんて払いたくないですからね…

夫婦

離婚後に「浮気相手とルンルン気分で新生活を送る元配偶者」

反対に「疑心暗鬼で離婚に応じ、次の目標すら見つからないあなた…」


なんだか不公平ですよね…

全体の離婚件数のうち「約5割強が男女関係の問題で離婚に至っている」といわれています。

浮気に傷ついた女性

ですが、これは「氷山の一角」といわれ、実際には「性格の不一致」などの曖昧な理由で離婚してみたものの、離婚後に風の噂で「現在、結婚生活の間から交際していた彼女と同棲している…」など耳に入ってくるケースがあるそうです。
こうなってしまっては、流石の探偵も過去の浮気を証明する事はなかなか難しいですから…

第三者が入ってくる離婚調停

配偶者や浮気相手に対して慰謝料請求をするには「浮気の証拠(不貞行為の確認できる 証拠)」が必要になってきます。
言うまでも無く、配偶者、不倫相手の話し合いの中で慰謝料の支払いを約束させる事ができれば弁護士も探偵の出番もございません。
しかし、実際は「大切なお子さん」や「大切なお金」の事が絡んでくるので、大半の夫婦が当事者で解決できなくなり、最終的に第三者を間に入れての話し合いになってきます。
これは「離婚調停」「離婚裁判」の事を指します。
仮に、あなたと配偶者が離婚調停を行なった場合…

あなた:「この人が浮気したんで慰謝料を請求したいんですけど…」  

配偶者:「浮気なんてしていませんし、慰謝料も払う気はありません」

という話しになった場合、調停員はどちらが本当の事を言っているのか判断に迷うでしょう。
そこで物を云うのは「涙を浮かべて訴える」事でも無ければ、「怪しいレストラン領収書」でもありません。
たった数枚のホテルへ入っていく写真、ホテルから出てくる写真なのです。
何の証拠も無く、このような証言をした場合、反対に

離婚裁判

「この人よっぽど思い込みの激しい人なんだな…旦那さん可愛そう…」

「慰謝料請求するのに何の準備もしないで、なんて無知な人なんだ」


と調停員さんに思われるかねません。
裁判や調停の場は「双方の言い分が、どちらが正しいのか」判断する場だとお考え下さい。
きっと何の証拠も無ければ慰謝料請求は認められませんし、調停員や裁判官も認めるような証拠を用意していけば、もちろん慰謝料請求は認められるでしょう。

あなたが真剣に「慰謝料請求」をしようと思われた場合「確実な浮気の証拠」は必ず必要になります。