裁判の証拠収集
素行調査などの法人向け調査 浮気調査などの個人向け調査

~素行調査のご相談は大阪-近畿無料~

探偵 調査の相談・お見積もりは完全無料
大阪探偵 関連サイト

裁判は真剣に取り組んだ方が有利

「自分のような平凡な人間が裁判なんてするはずがない…」

「話し合いで相手が認めたので、裁判だって楽勝だ!」

日本の裁判では物的証拠が非常に重要です。
民事訴訟法により、日本の裁判では「証拠裁判主義」が採用されているからなんです。(民事訴訟法247条)
そんな裁判の場へ何の準備も無く出向くのは、裸で戦場に飛び込むようなものです。

裁判

どんな方でも「できるだけ多くの」「できるだけ明確」な証拠や資料を準備していきましょう。

あなたが直面している問題も「まさか裁判までいく訳ない…」と思っていても、当事者間で解決できなければ、訴訟→裁判になってしまう事だってあります。
わかりやすい例では、夫婦間の話し合いで「浮気を認め、慰謝料も支払う」と約束していたはずが調停に進むや否や、相手は「浮気はしていません」の一点張り…
大した証拠を準備していなかったが為に慰謝料も貰えず、労力とお金の無駄に終わってしまったというケースはよく聞きます。

これは調停に際して、相手が口で「浮気した」と当時言っていても、あまり法的には有効で無いと知り合いから聞いたからでしょう。
あなたが親しい人物に相談するように、相手も誰かに相談し何か知恵を得る事だって十分に考えられるという事です。
結婚詐欺師にお金を貸した場合も同様です。
相手にお金を貸したという証明(金銭借用書)が無ければ、訴訟自体起こせないのが実情です。

お金や契約等の重要な案件で争う場合は、特に注意が必要でしょう。