離婚問題

探偵興信所のサイト

アクセスマップサイトマップリンク集
探偵和歌山会社概要調査費用について探偵業法お客様の声採用情報
離婚を有利に進めるなら不貞行為の証拠収集をお勧めいたします
弊社について
 A-クラス総合調査事務所
事務所全景 〒530-0045
大阪市北区天神西町
7-8
今村第二ビル4階

  【アクセスマップ】 
  Tel:06-6360-7305
  Free:0120-258-966
メニュー
夫の浮気調査
妻の浮気調査
婚約者の浮気調査
調査中の流れ
浮気の証拠とは?
料金表
浮気調査の落とし穴
よくある質問
浮気チェック
お客様の声
ご相談について
探偵事務所によって喫茶店や
ファミレスで面談を勧める所も
ございます。
当社では、ご相談内容が内容
ですので、来社いただく事を
お薦めいたします。


もちろん、お子様のおられる
方など、来社が難しい方には
出張相談も対応いたします
相談室1
 相談室1
 落ち着いたスペースでご相談
 いただけます。
相談室2
 相談室2
 ご報告時に撮影した映像など
 確認していただけます。
関西調査業協会 正会員
国民生活センター
和歌山弁護士会
和歌山警察
探偵興信所
A-クラス総合調査事務所


大阪市北区天神西町7-8
       今村第二ビル4階


Free:0120-258-966
Tel:06-6360-7305
e-mail:
wakayama@a-class1.com
        夫の浮気調査・妻の浮気調査を和歌山県-和歌山市 紀ノ川市 海南市 御坊市 有田市で依頼可能な探偵・探偵社・興信所 大阪駅 梅田駅から一駅の浮気調査専門の探偵事務所 南森町駅 大阪天満宮駅すぐ 夫の浮気 離婚 妻の浮気 離婚問題を解決する A-クラス総合調査事務所 和歌山  配偶者の浮気 離婚相談は無料でお受けいたします。          
離婚で起こる問題
   最近、離婚件数が増加しているのは、みなさんご存知でしょう。
   当社でも「離婚」に係わる相談は増加傾向にあります。今後、「年金制度」が改正されると
   「熟年離婚」を中心とした離婚件数は、更に増加するといわれております。


   では、結婚生活は離婚によってどのように変化するのでしょう。


 離婚する場合
   ・離婚原因を作った方は慰謝料を払う(不貞行為・DVなど)
   ・夫婦で築いた財産を清算する(財産分与)
   ・元の籍に戻るか、新戸籍を作成する。
   ・子供の親権者をどちらかに決定する。
   ・年金や健康保険の切り替える。

   ご覧のように離婚する事により、結婚生活時の義務が全て無くなります。(扶養義務は除く)
   また、離婚によって、夫婦の婚姻関係は解消されますが、離婚に際して解決すべき重要
   な問題があります。
   俗に言う、「お金の問題」や「子供の問題」や「戸籍と姓の問題」がこれに当たります。


  ● お金の問題
    ・結婚中に夫婦が協力して築いた財産や、共有していた財産を清算します(財産分与
    ・離婚により、精神的損害を受けた場合は、相手に対して「慰謝料」を請求することが
     できる。(相手の不貞行為、暴力など)


  ● 子供の問題
    ・子供が未成年の場合は「親権者」を決める必要があります。
    ・離婚後どちらが子供を引き取るか決める。
    ・子供が社会人になるまでの「養育費」の話し合い
     (親権者にならなかった、子供を引き取らなかった方の親も養育義務は離婚後も
      変わりません)
    ・離婚後、子供を引き取らなかった方の、親が子供と接触する方法(面接交渉権)の
     取り決め。(週に何回、何時間など)


  ● 戸籍・姓の問題
    ・入籍した方の者は結婚前の戸籍に戻るか、自分を筆頭者として新しい戸籍を作らな
     ければならない
    ・結婚で姓を改めた者は旧姓に戻るか、結婚時の姓をそのまま名乗るかを決めなけれ
     ばならない
    (放っておくと結婚時の姓ままになります。また子供の戸籍と姓は基本的に結婚時と
     変わりません。)
協議離婚で注意していただきたい事・・・公正証書の作成
   離婚の方法として、用いられることが多い「協議離婚」ですが、いくつかの注意点がある
   のも事実です。
   協議離婚をする上で最も注意しなければならないのが、話し合いで取り決めた事々を
   書面に残しておくことです。


     お金の問題
      ・財産分与の分配(現物か現金かなど)方法
      ・金額や支払い方法および期間
      ・慰謝料の金額、支払い方法(一括か分割かなど)および期間


     子供の問題
      ・子供の親権者および保護者の記載
      ・子供の戸籍および姓
      ・ 養育費の金額、支払い方法および期間
      ・ 面接交渉の具体的な決定
       (いつ、どこで、どのように、どれくらいの頻度など)


    離婚後、相手が取り決めを守らなかった場合に「言った」「言わない」の水掛け論に
    なる事が非常に多いです。
    書面には、「離婚協議書」「合意書」などのタイトルをつけ、同じ文面を2通作成します。
    当事者が内容を確認し、署名捺印をし、各自1通ずつ保管するようにしましょう。
    また金銭が絡む場合や、支払いが長期にわたる場合は取り決め事を「公正証書」に
    しておくと安心です。


      なんだか面倒・・・


    と言わず、必ず作成しておいてくださいね。
    万が一、離婚後にトラブルが発生した時に、確実な証拠になりますし、支払いを怠った
    場合には、裁判所の判決を待たずに、直ちに強制執行の手続きをとることができます
    また分割払いにしている場合など、「支払いが滞った時は残額につき一括払いにする」
    という文面を入れておけば、その残額についても強制執行が可能になります。
    法的に強制力の無い「親権者」や「面接交渉権」についても、記載しておけば、トラブル
    発生時の証拠として、強い証明力を発揮することがありますし、作成する事により、協議
    離婚である当事者間の話し合いで、決めた金銭支払い条件に、調停や訴訟を起こして
    離婚を解決した場合と同様の効力
が生まれます。
    「公正証書まではちょっと…」と言われる方も居られるかと思いますが、離婚時に口約束
    「養育費は毎月10万円振り込む」と約束していても、その後、数ヶ月で支払いが滞る…
    といった離婚後のトラブルが発生する事も多く、離婚届を出す前に取り決め事を書面に
    しておく事を強くお勧めいたします。
女性カウンセラーが離婚・不倫についての悩みをお伺い致します
浮気調査 和歌山TOP↑ Copyright (C) 2010 A-Class Research Office Wakayama  All Rights Reserved.