各種証拠収集

完璧な証拠は何より「あなたの武器」になります

企業内での証拠収集は、その目的や案件によって様々なものがありますが、独自に証拠収集能力を持っている法人様は極めて稀です。
また、一般的に「調査員を抱えている」と思われている保険会社でさえも、保険金詐欺の証拠収集のような案件では、多くの保険会社が我々のような探偵興信所に頼っているのが実情です。

実際、自社の従業員に調査をさせても、ある程度の証言や有利な材料を得られても、弁護士さんが要求するような裁判資料となる証拠の収集まで用意する事は難しいでしょう。

  • 不正従業員を解雇
  • ライバル会社への情報漏洩
  • 不正社員による横領

これらの案件は、証拠もなく追及すると返討ちに遭うことも

たとえ最初は「私がやりました」と素直に罪を認めていても、実際の裁判の場になると

「そんな事してません」
「覚えていません」

って感じで、これまでの証言を覆される事は珍しくありません。

だって不正を働くような輩ですよ?
ある程度、相手が「ずる賢い」と想定して行動するべきではないでしょうか。

弁護士

力になってくれるのは証拠?弁護士?

有能な弁護士を雇えば、どんな裁判でも勝てるだろ!

と仰る方もいますが、考えてもみて下さい。

  • 天下統一をも可能にする優れた軍師(武器は刀)
  • 一般的な兵士(武器は鉄砲)

2人が一対一で戦ったら、どちらが勝つでしょうか。
もしかすると、優秀な軍師なら「戦わずして、あっさり降参」するかもしれませんね。

これは現代の裁判にも当てはまるわけで、「第三者も認める証拠」を用意すれば、弁護士なしでも裁判に勝てるかもしれません。
(もちろん、訴訟の手続き等で弁護士さんが必要になると思いますが…)

また、裁判を前提とした案件の場合、収集した証拠(写真やビデオなど)の証拠能力が高ければ、弁護士間の話し合いで相手方の弁護士に対し

「これでは裁判で争っても勝てないだろう…」

と思わせる事が出来るのです。

それにより、裁判をすることなく「示談」という形で決着がつけば、余分な時間や費用を掛ける事も無くなります。

反対に、大した証拠も用意せずに弁護士に依頼しても、「とりあえず証拠が用意してから来てくださいね」と門前払いに遭うかもしれませんよ。

誰だって「丸腰で戦場に飛び込め!」って言われたら嫌がりますよね?

証拠が重要になる案件

  • 不正従業員を解雇したい
  • 横領の疑いのある従業員の素行が知りたい
  • 社内に怪文書が出回っている
  • 情報漏洩の疑いがある社員がある
  • 社員と元社員が密会して、何かを企んでいる
  • 同じ部署内で不倫している社員がいる

上記のような案件は一度ご相談ください。

お電話いただければ、その不安や疑問にお答えいたします

もちろん、すぐにご面談の日取りや調査依頼を決めていただく必要はありません。
電話がつながらない場合、少し時間を空けてお電話下さい。