浮気の証拠

慰謝料請求には「浮気の証拠」「不貞行為の証拠」が必要

  • 妻:「離婚よ!浮気してたんだから慰謝料払ってもらうわよ!」
  • 夫:「はい、わかりました・・・」

こんな感じで離婚、慰謝料請求がスムーズに進めば、探偵も弁護士も必要ないのかもしれません。

慰謝料請求と呼ばれる損害賠償請求は、損害を受けた者が与えた者に対して請求する「まっとうな権利」です。

でも、「自分が損害を与えた」と自覚していても、自分が不倫に走った経緯等、色々を考えてしまうと、「正直払いたくない…」と思う方が結構の数いらっしゃいます。

そもそも

「私は○田 ○子さんと3年前から浮気してます。昨日も会いました、ごめんなさい」

と素直に浮気を認める方なんて居ませんよね?

一般的に浮気夫たちは、奥さんよりも浮気相手を守りがちです。
浮気された挙句、悪者扱いって…ほんとに酷い話ですよね?

結論を言ってしまうと

誰だって、可能なら慰謝料なんか払いたくないんです

「元嫁に慰謝料支払うぐらいなら、浮気相手との新生活のためにお金使うよ」っていうのが、正直な浮気夫たちの気持ちだと思います。

夫婦喧嘩

曖昧な離婚理由で逃げ切ろうとする「浮気夫」たち

  • 離婚後に「浮気相手とルンルン気分で新生活を送る元旦那」
  • 反対に「疑心暗鬼で離婚に応じ、次の目標すら見つからないあなた…」

なんだか不公平ですよね?

全体の離婚件数のうち「約20%の夫婦が不倫問題で離婚に至っている」といわれていますが、これは「氷山の一角」。
実際には「性格の不一致」などの曖昧な理由の中に相当数の「不倫が原因の離婚が含まれている」とも言われています。

仕方なしに離婚してみたものの、離婚後に風の噂で「現在は離婚前から交際していた彼女と同棲している…」など耳に入ってくるケースが結構あるそうですが、こうなっては後の祭り。
探偵でも過去の浮気を証明する事は難しいですからね…

そこの「性格の不一致」で離婚を言い渡された方、あなたの旦那さん浮気してませんか?

裁判、離婚調停で必要なのは証拠

第三者が入ってくる離婚調停 裁判

配偶者や浮気相手に対して慰謝料請求をするには「浮気の証拠(不貞行為の確認できる証拠)」が必要になります。

言うまでも無く、配偶者、不倫相手の話し合いの中で慰謝料の支払いを約束させる事ができ、それを書面等を残していれば、もう弁護士も探偵の出番もやってこないでしょう。

しかし、

慰謝料やお子さんの養育費等の約束を取り付けたものの、口約束だけで済ませている方が実に多い

最初は「慰謝料の支払い」も「養育費の支払い額」も約束していたものの、いざ離婚が近づくと「そんな事言ったっけ?」となるのです。

問題の多い離婚案件は「大切なお子さんの親権」や「大切なお金」の事が絡んでくるので、大半の夫婦が当事者間で解決できなくなり、最終的に第三者を間に入れての話し合いになってきます。
これは「離婚調停」「離婚裁判」の事を指します。

もし、あなたと旦那さんが離婚調停に臨んだ時

  • あなた:「この人が浮気したんで慰謝料を請求したいんですけど…」
  • 配偶者:「浮気なんてしていないので、慰謝料も払う気はありません」

という話になった場合、「あなた」の事も「旦那さん」の事も全く知らない調停員は、どちらの言い分が正しいのか迷ってしまうのは当たり前です。

百歩譲って、双方の話を聞いてみて「どうやら旦那が浮気したから離婚の運びになったパターンだな」と思えてきても、あなたが証拠といえる物を何も用意していなければ、調停員があなたの味方になる事はありません。

逆に

「調停の場に、何も用意せずに無知な人だな~」

って印象をあたえるかもしれません。

いくら話を聞いて「旦那が浮気したっぽいな…」と調停員が判断しても、「っぽい」では「あなた、奥さんに慰謝料を払いなさい」とはならないんです。

裁判や調停は「双方の言い分、どちらが正しいのか」判断する場

だとお考え下さい。

きっと何の証拠も無ければ慰謝料請求は認められないでしょうし、調停員や裁判官も認めるような証拠を用意していけば、もちろん慰謝料請求は認められるでしょう。

調停の場で必要なのは、「涙ながらに訴える」事よりも「確固たる証拠」がものを言う事を忘れないでください。

お電話いただければ、その不安や疑問にお答えいたします

もちろん、すぐにご面談の日取りや調査依頼を決めていただく必要はありません。
電話がつながらない場合、少し時間を空けてお電話下さい。