素行調査の失敗談(依頼者様編)

素行調査の失敗談・・・依頼者様編

「なんだよ!プロなのに失敗するのか?」と思われた方…

残念ですが、これはどこの探偵興信所であっても「素行調査が失敗する」可能性はありますので、当社では正直に「調査が失敗してしまう場合もある」とお客様に宣言しておきます。

調査が失敗するとは言っても、依頼者様の行動によっておこる失敗と、探偵が調査中に犯す失敗に分かれると思います。
こちらでは、依頼者に注意していただきたい事を書いていきます。

ご依頼時に気をつけていただきたい事

調査員が現場に到着…その時に対象者は?

多くの調査プランでは、調査料金は時間・日数に比例します。

そのせいか調査開始時間をギリギリに設定する方がおられます。
正直なところ、対象者の事は対象者にしかわからない部分がございます。

調査員が現場に到着した時に、すでに対象者が行動を起こしていた…

なんて事は調査行なう上で絶対避けたいものですよね?
時々あるのですが、現場に調査員が向かっている途中に「もう主人が出掛けそうなんです!早く来てください!」という電話を頂く事があります。

基本は、だいたい行動を起こすであろう時間の1時間から1時間半前には調査を開始するのが理想です。

調査依頼後は最後まで平静を装ってください

どの依頼者様も

「せっかく調査を依頼をしたんだから、絶対に不貞行為の証拠を掴みたい!」

って思われるでしょう。
しかし、普段は配偶者に対して目もくれない方が、急に

  • 「今日も残業?何時蔵になる??」
  • 「今週、遅くなる日があったら教えてくれる?」

なんて情報を収集しようと頑張ると「んっ??」と対象者も不審に思うかもしれません。
結果、調査初日から対象者が妙に警戒している時があります。

お気持ちはわかるのですが、調査日前後は普段どおり自然に振舞ってください。
依頼者様が実家に帰る用事などを作り、対象者に動きやすい状況を作ってあげると証拠収集の近道になるかもしれません。

調査資料

対象者の情報はできるだけ、正確にお伝えください

当たり前の事ですが、探偵は依頼者様から提供された情報を元に調査を行います。
契約時に対象者の資料等を作成していくのですが、その情報に誤りがあった場合、調査は成功するでしょうか?

対象者の「勤務先の会社名」「住所」や車輌の「車種」「ナンバープレート」など出来るだけ正確にお伝えください。
最悪、「全く調査に関係のない場所での張り込み」や「関係のない人物を尾行してしまう」事も発生してしまう場合がございます。
ご用意していただいた対象者の写真が「何年も前の不鮮明なもの」では、調査開始場所より対象者が動き出したとして、調査員が対象者に気付かないなんて最悪の事態も起こり得ますのでご注意ください。

契約書や領収書の取り扱いについて

いざ探偵興信所と契約して、調査日当日までの間に、依頼者様が「調査契約書や領収書が対象者に見つかってしまった…」という話が時々あります。
探偵興信所の契約書や領収書は、どんなに警戒心の無い対象者であっても「不倫等の行為をしている者」であれば見ればピンとくるものです。

これらの書類は対象者や関係者の目に絶対に触れないよう厳重に保管してください。
また、「インターネットで探偵興信所を探した」という方はパソコンの検索履歴も削除しておいた方が無難でしょう。

多くのお客様は「探偵興信所に調査依頼するのは初めて」だと思います。
もちろん、ご相談、ご契約の段階で「このようなリスク」はご説明させて頂いておりますが、ご帰宅後に今一度お気持ちを整えて調査日当日までお過ごしください。

私たちも「万全の体制」で調査に臨みますので

女性

お電話いただければ、その不安や疑問にお答えいたします

もちろん、すぐにご面談の日取りや調査依頼を決めていただく必要はありません。
電話がつながらない場合、少し時間を空けてお電話下さい。