不倫・浮気の慰謝料請求

浮気の慰謝料の額は??

「うちの旦那はが医者だからガッポリ慰謝料を請求してやろう!」
「浮気でこんなにも傷つけられたから1000万円ぐらいは…」

芸能人やスポーツ選手なら「〇億円」とか「〇千万」って話をよく耳にしますが、一般の方なら慰謝料はどれぐらいの額が貰えるのでしょうか?

そもそも「慰謝料」とは精神的苦痛を与えた事に慰謝する為の損害賠償の

ことを言います。
婚姻期間中、相手が離婚の原因を作ったり、相手の酷い行為によって精神的苦痛を与えられた場合に限り請求が認められています。(いわゆるW不倫など自分にも離婚の原因がある場合には慰謝料は相殺されます)

ですが、不貞・暴力・遺棄などは、相手も「悪いことをしている」と感じている場合が多々ですが、「強度の精神病」や「3年以上の生死不明」は決して相手が悪いとは言い切れない場合もありますので、このような場合は離婚原因としては認められていますが、慰謝料の請求はする事は基本できません。

では、慰謝料はどのぐらいの額が貰えるか?

慰謝料の額

上記の表は離婚で慰謝料が発生したケース全体の統計になりますので、暴力などのDVで慰謝料請求されたケースも含まれております。

不貞行為の慰謝料請求に限定してみれば、だいたいが100~400万円ぐらいが最も多いといわれています。
週刊誌に見られるような何億円の慰謝料というのは、芸能人やプロスポーツ選手に限った話で一般人の離婚とは桁が違います。

慰謝料が高額になるケース

先ほどは「一般人の慰謝料は100~400万」程度と書きましたが、100万円を持っていない方に対して200万円の慰謝料を請求してもあまり認められません。
基本的に

お金のない方には「支払い能力を超えた」慰謝料は請求出来ない

のが一般的です。

これは、逆を言えば「支払い能力があるなら請求できる」とも言えなくはありません。
一流芸能人やスポーツ選手等なら、やはりそれだけ資産を持っている為「高額な慰謝料請求」が認められるわけで、一般の方でも「社会的地位の高い方」や「収入の高い職業についている方」等は比較的高額な慰謝料が認められる事が多いです。

浮気相手への慰謝料請求は「多くて150万円」程度

反対に浮気相手に請求出来る慰謝料の額は少なく、一般的に50~150万円程度だといわれています。

期待外れの額かもしれませんが、「離婚後に数百万のお金が残る」のと「全く無い」とでは大きな差が生まれるのではないでしょうか?

お電話いただければ、その不安や疑問にお答えいたします

もちろん、すぐにご面談の日取りや調査依頼を決めていただく必要はありません。
電話がつながらない場合、少し時間を空けてお電話下さい。